DOUBLE プロフィール

DOUBLE(ダブル)
DOUBLE
ダブル

DOUBLEのプロフィール
DOUBLE(ダブル)は、日本の女性歌手、TAKAKOによるソロ・プロジェクト。三姉妹でそのうち次女SACHIKOと三女TAKAKOが音楽の道に進んだ。姉のSACHIKOとデュオとしてデビューし活動していたが、1999年にSACHIKOが急逝したため、以降は現在の形態となった。所属レコード会社はフォーライフミュージックエンタテイメント、所属事務所はARTIMAGE。ユニット名は「D♀uble」、「double」、SACHIKOの死後「Double」などの変名を経て、「DOUBLE」に。日本のR&B界を代表する女性アーティストとして知られている。2006年からはDJ Lilly(ディージェイ・リリー)という名義でDJとしても活躍している。

DOUBLEのエピソード
バイオグラフィ
下積み時代幼少時から三姉妹で自宅で歌っていた。自宅近くにアメリカ人の家庭があり、英語で交流する機会があった。長姉NORIKOがアメリカに留学。アメリカから持ち帰ってきたR&Bアーティスト(メアリー・J・ブライジやジャネット・ジャクソン等)のミュージック・ビデオを見たことをきっかけにSACHIKOとTAKAKOは本格的にR&Bに目覚める。ソロになってからのTAKAKOがミュージック・ビデオにおける表現にこだわっている原点は、姉が持ち帰ったアーティストのミュージック・ビデオにあると言える。妹のTAKAKOは短大時代から、地元新潟のクラブなどで歌う仕事を少しずつ始める。 1995年~1999年 姉妹デュオ時代1995年、フォーライフミュージックエンタテイメントのオーディションに合格、上京。1997年、都内の米軍横田基地にあるライブハウスで定期的にライブを開く。日本人アーティストが在日米軍基地でライブパフォーマンスを行うのは27年ぶりという快挙。発売期間限定アルバム『Crystal Planet』には『Crystal』の楽曲の別テイクやリミックスバージョンなどと共に米軍基地ライヴ時期に収録された「Free Your Mind」(アン・ヴォーグの代表曲)や「Diggin’ On You」(TLCの代表曲)、「Through The Fire」(チャカ・カーンの代表曲)が収録されている。1998年、2月4日に1stシングル『For me』でメジャーデビューを果たす。その後、5月21日に2ndシングル『Desire』をリリース。この頃から業界から注目を集め、日本におけるR&Bのパイオニアである久保田利伸のシングル『AHHHHH!』の収録曲「Love Reborn(KC'S WHAT'CHA GONNA DO? REMIX)」で冒頭のセリフで共演を果たす。9月20日に発売された松尾潔プロデュースの12インチアナログ『BED』が即完売となる。そして、10月21日に3rdシングル『BED』をリリース。10月~11月にクラブツアーDOUBLE Club Circuit'98を行う。1999年、3月20日に4thシングル『Shake』をリリース。R&Bを全面に押し出し、今井了介と共同プロデュースした、この曲をきっかけにブレイク。多くのリスナーに“DOUBLE”という名前が知れ渡ることになる。3月~4月に全国クラブツアーSUPER SISTERS TOUR Shakeを行う。しかし新潟での凱旋ライブを翌日に控えた5月21日、姉のSACHIKOがクモ膜下出血で急逝。6月2日にプロローグアルバム『Crystal』をリリース。60万枚の売り上げを記録する。12月1日にリミックスアルバムとプロモーションビデオとインタビューが収録されたVHSが付いた『Crystal Planet』をリリースした後、姉妹デュオとしてのDOUBLEの活動を終了。しばらくの間は休養に入らざるを得なかった。 2000年~2007年 ソロとして活動2000年、6月14日にZEEBRAのアルバム『BASE ON A TRUE STORY』の収録曲「プラチナム・デート featuring DOUBLE」にゲスト参加。7月にはZEEBRAの全国ツアーTHE LIVE ANIMAL 2000 JAPAN TOURにも参加する。その後、7月19日に同時発売のシングル『handle』『U』でソロプロジェクトとして復帰。10月18日に平井堅のシングル『LOVE OR LUST』でコーラスで参加するなど、裏方の仕事もこなしながら、11月22日に7thシングル『Angel』をリリース。「Angel」は亡き姉SACHIKOのことを歌った曲であり、その後のアルバムのクレジット欄にも必ずSACHIKOの名前が含まれている。そして、11月29日に1stアルバム『double』をリリース。ソロプロジェクトではあるが姉が健在だった頃のユニット名を残し、姉の遺志を受け継ぐと言うことを前面に出している。楽曲制作やプロデュースなどはアメリカのアーティストやプロデューサーに依頼、レコーディングもニューヨークで行った。2001年、4月25日に『double』の全編英語歌詞に作り直された3万枚限定の企画アルバム『double ENG ver.』とVHS・DVD「double」を同時リリース。その後、5月19日~8月2日まで全国クラブツアーDOUBLE CLUB TOUR 2001 with Uを韓国・ソウルを含む計18カ所で行い、1万5000人を動員する。9月5日にパラッパラッパー2のテーマソングとして起用されたデ・ラ・ソウルの「Say I Gotta Believe! featuring Double」にゲスト参加。2002年、3月27日にGTSのアルバム『POP+underground』の収録曲「I MISS YOU feat. DOUBLE」にゲスト参加。4月24日に前回の共演をきっかけでGTSが監修した1stのリミックスアルバム『double GREATEST REMIX』をリリース。6月5日に今井了介とDJ WATARAIと共に製作した両A面の8thシングル『Driving All Night/You Got To』をリリース。このシングルはオリコン初登場6位を記録し、ソロのDOUBLEとして再び人気を獲得する作品となった。「Driving All Night」はダンスクラシックバンドア・テイスト・オブ・ハニーの「今夜はブギ・ウギ・ウギ(Boogie Oogie Oogie)」をサンプリングしたもので、70年代に流行ったディスコ風のナンバーになっている。これが幅広い世代に知れ渡り、ヒットに繋がる。その後、9月4日にmarkeeプロデュースによる9thシングル『Who's That Girl』をリリース。カップリングでは韓国の女性アーティストTashaとの客演曲「DOUBLE TROUBLE feat. DOUBLE」が収録されている。オリコン初登場9位を記録し、連続トップ10入りをする。そして、10月9日に2ndアルバム『VISION』をリリース。オリコン初登場3位を記録し、大ヒットする。11月20日にリリースされた2ndのリミックスアルバム『Re:VISION』と合わせて50万枚のセールスを記録した。その後、11月16日~12月10日まで初の本格的ツアーDOUBLE First Tour LIVE VISIONを全7ヶ所8公演で行い、大盛況の内に幕を閉じる。12月26日に『VISION』の収録曲「Should Have Tried feat. Heartsdales」のアンサーソングであるHeartsdalesのシングル『Should Have What!? feat. DOUBLE』にゲスト参加。2003年、4月9日に過去のプロモーションビデオ(ただし、「For me」と「Desire」のプロモーションビデオは現在のDOUBLEのスタイルにそぐわない為、未収録。)とそのメイキング映像・秘蔵映像・ライブ映像が収録されたDVD『THE BEST VISION of DOUBLE』をリリース。7月16日にS-WORDのアルバム『STAR ILL WARZ』の収録曲「one time feat. DOUBLE」にゲスト参加。7月30日にネリーの代表曲「Air Force Ones」のトラックメイカーTrackboyzとmarkeeプロデュースによる10thシングル『Rollin' on』をリリース。その後、10月8日に11thシングル『destiny』をリリース。10月15日にAIのシングル『My Friend/Merry Christmas Mr. Laurence』の収録曲「My Friend L'arpege Noir Mix with DOUBLE」にゲスト参加。そして、11月19日に3rdアルバム『Wonderful』をリリース。オリコン初登場4位を記録する。2004年、1月28日に3rdのリミックスアルバム『too Wonderful』をリリース。5月26日にはm-floのアルバム『ASTROMANTIC』で気鋭のジャズプレイヤーTOKUと競演したジャズナンバー「Life is beautiful」に参加する。さらに11月10日に井上陽水のトリビュートアルバム『YOSUI TRIBUTE』で「ワインレッドの心」をカバーする。この客演をきっかけに11月24日に“R&B feat. JAZZ”をコンセプトにしたジャズアルバム『Life is beautiful』をリリース。アルバムには大野雄二、Frontpage Orchestra、Souliveが演奏で参加。マリリン・モンローや安全地帯のカバー曲、姉妹デュオ時代の楽曲をアレンジした曲が収録されている。ジャケットはルパン三世の原作者であるモンキーパンチによる書き下ろしされた。オリコン初登場14位を記録し、ジャズ部門では異例のヒットを記録する。11月28日にはプレイステーション2のゲームソフト『ルパン三世 コロンブスの遺産は朱に染まる』のエンディングテーマに「You Took My Heart Away [Original Mix]」が起用され、12月22日にサウンドトラック『ルパン三世~コロンブスの遺産は朱に染まる~』にも収録される。2005年、1月26日にDJ MASTERKEYのアルバム『DADDY'S HOUSE vol.3』の収録曲「IN THE WORLD (for the boys&girls) feat. DJ KAORI & DOUBLE」にゲスト参加。その後、3月24日に70年代~80年代のダンスクラシックを国内外のアーティストがカバーしたコンピレーションアルバム『We Love Dance Classics Vol.1』に参加。アニタ・ワードの「Ring My Bell」をカバーする。さらに7月21日に昨年のジャズアルバムで共演した大野雄二のアルバム『Yuji Ohno,You&Explosion Band-Made In Y.O.-』では「ラヴ・スコール」をカバーで参加。続いて7月22日に日本テレビ系の「金曜ロードショー」で放送された「ルパン三世 天使の策略 ~夢のカケラは殺しの香り~」の主題歌として大野雄二プロデュースの「夢のカケラ feat.DOUBLE」が起用され、8月24日に サウンドトラック『ルパン三世 天使の策略 ~夢のカケラは殺しの香り~』にも収録される。客演が多かった年であったが、11月30日にレゲトンやサルソウルなどラテンサウンドのブームを背景にしたラテン色の濃い作品の12thシングル『ROCK THE PARTY』(レゲエヒップホップMCの大御所であるBOY-KENと有名サルサバンドのオルケスタ・デ・ラ・ルスがゲスト参加。)をリリース。ジャズアルバムをきっかけに既存のR&Bスタイルにとどまらないサウンドや独自の表現手法のスタイルを開拓した。12月15日に“ARTIMAGE NIGHT”に出演。2006年、3月1日に13thシングル『Call Me』をリリース。その後、7月26日に配信限定の14thシングル『Emotions』をリリース。ノンタイアップにもかかわらず、10万ダウンロードのヒットを記録する。リリースと前後してDJ Lillyという名前でDJとしても活動し始める。クラブを中心に様々なイベントに参加する。12月6日にAk'Sentのアルバム『インターナショナル 来日記念盤』の収録曲「ALL I NEED feat. DOUBLE」にゲスト参加。12月17日に“Rhythm Nation 2006”に出演。そのライブではAk’Sentとの共演も果たす。2007年、3月8日にSHIBUYA-AXで開催された“mtv iCON 久保田利伸 powerd by 楽天オークション”に出演。久保田利伸とのデュエットで「Just The Two Of Us」を熱唱する。4月11日に15thシングル「SPRING LOVE」をリリース。ジャケットとプロモーションビデオでは本人のセミヌードを披露し、話題になる。7月4日にm-floのVERBALを客演で迎えた16thシングル『SUMMERTIME feat. VERBAL』とユニバーサルミュージックよりDJ Lilly名義による初のミックスCD『virgin mix』を同時リリース。8月8日に約3年9ヶ月振りのオリジナルアルバム『Reflex』をリリース。オリコン初登場7位を記録する。8月17日に新木場ageHaで『Reflex』のリリースパーティーFEVER SPECIAL~DOUBLE NEW ALBUM ReflexRELEASE PARTY!!~を開催。9月12日に4thのリミックスアルバム『Reflex Remix』をリリース。収録曲である「We International feat. Ak'Sent(TURBO's sigma Mix Edit)」が蛯原友里出演のCM「富士フイルム FinePix Z100 fd」CFのイメージソングに起用される。10月24日にDJ KAORIのミックスアルバム『DJ KAORI'S JMIX』の収録曲「Miss DJ!!」にDJ KAORI & DOUBLEとしてゲスト参加する。12月5日に「BED」以来9年ぶりとなる松尾潔プロデュースの17thシングル『残り火-eternal BED-』をリリース。この曲は全国ラジオ局1週間(12月3日~12月9日)でのオンエア回数が524回に達し、歴代最高の新記録をマークした。またこの曲は失恋した友人に贈るためにTAKAKOがプロデュースに関わっているとも一部で噂になっている。12月12日に「月刊」シリーズから写真集『月刊 DOUBLE』が発売される。「月刊」シリーズで歌手をモデルとして採用するのはDOUBLEが初である。Yahoo! JAPANのYahoo!ブックスで展開されているセブンアンドワイのウィークリーランキング(12月17日調べ)で、書籍総合ランキング10位、アイドル写真集部門1位を記録した。12月15日に“Rhythm Nation 2007”に出演。 2008年~現在 デビュー10周年2008年、1月18日に新潟限定で握手&サイン会を開催。2月4日にデビュー10周年を迎え、2月6日にベストアルバム『10 YEARS BEST WE R&B』をリリース。オリコンで初登場2位を記録。続いて5月28日にコラボレーションベストアルバム『THE BEST COLLABORATIONS』をリリース。このアルバムの収録曲「BLACK DIAMOND」で安室奈美恵と共演を果たし、話題となる。オリコンで初登場2位を記録。デイリーでは初の1位を獲得した。7月には6年ぶりのライブツアーDOUBLE BEST LIVE “We R&B”を全国7都市で開催。7月23日にシンディ・ローパーのトリビュートアルバム『We Love Cyndi -Tribute To Cyndi Lauper-』の収録曲「True Color」、8月6日にGTSのベストアルバム『BEST OF HOUSE COVERS The Platinum』の収録曲「Killing Me Softly With His Song」、8月27日にDJ MAKIDAIのミックスアルバム『Treasure MIX』の収録曲「Real Love」と立て続けにカバー曲で参加する。


[1]DOUBLEトップページ
[2]DOUBLEプロフィール
[3]DOUBLE画像
[4]DOUBLE動画
[5]DOUBLE作品
[6]DOUBLEブログ

オススメミュージシャン
た行のミュージシャン
ミュージシャン50音検索


カテゴリ検索
話題の人物
人物名50音検索

DOUBLEサイトマップ

DOUBLEトップページ